企業の経理負担に少なくするなら電子記録債権を活用しよう

営業にITを活用する

スーツの人達

営業支援システムの導入

SFAは、営業活動の情報をデータ化して活用するための営業支援システムです。主に顧客情報や日報などの管理・共有を行います。SFAを導入すると、顧客情報や商談履歴などをまとめて管理することができるメリットがあります。これにより、過去の情報を共有・分析し、今後の営業活動に役立てることができます。また、営業スタッフ一人一人の行動を可視化できるため、業務の効率化や目標の設定に役立てることができます。これらのメリットにより、結果として業績・売上の向上につながります。SFA製品は価格や機能がさまざまあります。一般的には高機能なものほど高価になります。選定のポイントとしては、自社の営業活動の範囲に合った機能を備えたものを選びます。高機能のものを導入すれば安心感はありますが、余計にコストがかかってしまう恐れがあります。価格が低めのSFAであっても、最低限の基本的な機能は備えてあるため、すぐ業務に支障が出ることはありません。使用していく中で必要な機能があれば、その都度ランクをアップさせていけば良いのです。SFA製品の中でも「クラウド型SFA」が注目されています。これはインターネット環境さえあればすぐに利用できるものです。セキュリティやトラブル対策、バージョンアップなどはサービスを提供する会社に任せることができます。クラウド型は通常型よりも、システム開発、セキュリティ対策にかかる人件費、運用コスト、導入のための初期費用を大幅に削減することができます。