企業の経理負担に少なくするなら電子記録債権を活用しよう

営業にITを活用する

SFAはITを活用した営業支援システムで、顧客情報の蓄積、営業活動の可視化により業務効率と業績を上げることができます。SFAの選定を行う際は、価格と機能、使い勝手の良いものを選びます。営業活動の内容と照らし合わせて導入を検討しましょう。

顧客ニーズをつかむ手段

顧客管理を行っていない会社はほとんどありません。最初の頃はローカル環境で、エクセル管理などで十分なのですが、数が増加したり拠点が増えたりするとクラウドサービスなどを利用することが大事なポイントになります。

必要なノウハウは他人任せ

ネットショップの運営に代行業社を頼んだ場合、ヒアリングを経て見積もり書を提出してもらい、契約書を交わしたあとサポートがはじまります。ネット上で不特定多数にネットショップ運営を募れば、相場より低コストで依頼できます。ネット上の個別カスタマイズに対応したソフト導入で、ECシステムによる運営も可能です。

手形より便利な決済手段

男性

中小企業の経理負担軽減に

企業では決済の手段として約束手形を発行したり、資産の一部を手形の形で保管しておくということがよく行われています。多額の債権でも1枚の紙に集約できる点で手形は便利な決済手段ですが、手形を発行するには煩雑な手続きを要する上に印紙税も発生します。盗難や紛失の恐れもあるため手形は厳重に保管しなければならず、分割できない点など不便なところも少なくありません。企業の経理業務でも手形の取り扱いには多くの管理コストを費やしてきた中で、紙の手形のそうした問題点を解決する方法が模索されてきました。その結果として考案されたのが、金融機関と企業をインターネットで結んで決済に利用できる電子記録債権です。電子記録債権では債権情報が電子的に記録されているため、紙の手形と違って印紙代を支払う必要がなく発行手続きも簡略化されます。手形よりも管理コストがかからない上に、電子記録債権なら必要に応じて分割や譲渡なども可能です。信頼できる電子債権記録機関を通じて債権データが確実に記録される電子記録債権は、帰属が明確化されているため二重譲渡や人的抗弁といったリスクも回避されます。それまで決済手段を手形に頼っていた企業が電子記録債権に切り替えることによって、経理部門の業務負担が軽減されるのは間違いありません。業務効率化やコスト削減といったメリットばかりでなく、電子記録債権を上手に回すことでさまざまな活用法が考えられます。手形よりも分割・譲渡や割引が容易なことから、特に中小企業やベンチャー企業にとっては電子記録債権の方が資金調達に有利です。企業の経理部門では電子記録債権に対応した会計ソフトを導入することで仕訳データ作成作業が自動化できるため、業務効率化による入力ミス防止にも役立ちます。電子記録債権はインターネットを通じた売買も可能で、手形よりも迅速に現金化できる点も所有する企業にとっては大きなメリットとして見逃せません。